ネオ・アール・ブリュット

neoartbrut.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 18日

アール・ブリュットという語がコレクション名として、コレクションの指針として造語されたということ。

1.再確認になるが、あらためてアール・ブリュットという語がコレクション名として、コレクションの指針として造語されたということ。

 アール・ブリュットとは、1945年にデュビュッフェにより提唱され、1949年には、その定義・指針のもと収集されたコレクションによる展覧会にあわせ出版した小冊子『文化的芸術よりもアール・ブリュットを』において、以下のように説明された。

「芸術の教養に痛めつけられていない連中の作品のことである。彼らにあっては、知識人の場合と違い、真似事がどこにもない。主題、素材の選択、配置の方法、リズム、書法など、すべてを自分自身の奥底から引き出してくるのであって、古典芸術のしきたりや流行芸術のやり方を借りたりはしない。ここに見られるのは、自分自身の衝動からのみはじめて、すべてが再発明された、最も純粋で、生の芸術行為である。つまり、文化的芸術にありがちな猿やカメレオンの機能ではなく、発明という機能から生まれる芸術だ。ジャン・デュビュッフェ」
(※訳文は『アール・ブリュット パッション・アンド・アクション』(小出由紀子・編著/求龍堂・刊)による)

 その後、今日まで、デュビュッフェのコレクションを元に1976年に設立された美術館「アール・ブリュット・コレクション」や1999年に設立された「abcd協会」の活動においても、コレクションの指針やコレクションに属する作品の定義としてアール・ブリュットという語が使われていることに何ら変わりはない。

 つまりこの語は、芸術家自らによって宣言された、あるいは、たとえ芸術家自らによる宣言がなされず先ず同時代の評論家等によって一連の作品に対して名付けられた場合であっても、その後、芸術家自らが活動の指針とし自らのその新しい表現を世に問うための命名としていった「印象派」「ダタイスム」「シュール・レアリスム」「キュビスム」「ポップ・アート」等の芸術運動あるいは潮流の定義とは明らかに異なるのである。


 先ずはこの再確認を踏まえて、次回以降の論考に入っていきたい。
[PR]

# by selfso_murakami | 2010-01-18 18:25