ネオ・アール・ブリュット

neoartbrut.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 16日

死んで初めて他の美術作品・作家と同じ構造に位置づけられる。

4.死んで初めて他の美術作品・作家と同じ構造に位置づけられる。

 前回(2月16日付)の記事でアール・ブリュット作品が、作品表現の中身や作家の人物像に拘泥することなく事態の有り様・構造を俯瞰した視点でとらえるならば、十分条件ではなく、あくまでも必要条件としてだが、作品が公になるために介在者が存在する、そういう作品であると述べた。

 ここでひとつ触れておきたいのは、作品が公になる過程で介在者が存在するという構造はその実、美術館含め広く一般にわれわれが目にする美術作品の多くに見られることでもある、ということだ。それは物故の作家の作品である。既にある管理者・所有者等とのやり取りを経て作品は都度公になり(美術展)、取り引きを経て売買され(オークション、画商・古美術商との取り引き)、そこに作家は存在しない。同時代的に作家⇄介在者⇄作品が公になる、という構図ではないが、作家とのダイレクトなやり取りが存在し得ないという決定的な一致点がある。作家の生前、特別に分類されねばならない特殊な位置にあるアール・ブリュット作品は、作家が死んで初めて他の美術作品・作家と同じ構造に位置づけられることになるのだ。

 近年、大規模な回顧展が開催され特に人気を博しているヘンリー・ダーガーやアロイーズ・コルバスは、アール・ブリュットの代表的な作家でありながら、この意味でアール・ブリュットの呪縛(?)を既に解かれていると言えるかも知れない。
[PR]

by selfso_murakami | 2010-04-16 13:33
2010年 04月 02日

SPACE & CAFE ポレポレ坐・永島正人展

 予告と違ってしまいますが、今回は先の永島正人展の会場写真を掲載します。多くの皆様のご来廊をいただき3月22日無事終了しました。論考は次回より再会しますので、どうぞよろしくお願いします。


a0163040_23462095.jpg
a0163040_23473319.jpg
a0163040_2349258.jpg
a0163040_23513556.jpg
a0163040_23554193.jpg
a0163040_02319.jpg
[PR]

by selfso_murakami | 2010-04-02 00:04 | 永島正人